Consul.net(コンサルねっと) 流通業向けコンサルタントサイト Consul net

コンサルタント
コンサルタント > 宮川東一
宮川東一
プロフィール

宮川経営研究室 代表

中国辛亥革命の祖、孫文在日中の日本人妻との間に生まれた娘・富美子の長男、即ち直系の孫である。その事実が明らかになったのは第二次世界大戦後の昭和23年。それまでは日中戦争の影響もあり、事実は隠されていた。
父・吉次が経営する横浜市中の一酒販店の息子である為、小売業者として酒消費者に如何に接すべきか少年時代から勉強する事ができた。
昭和26年旧制北海道帝国大学経済学科を卒業後は、酒類食品の全国問屋、東京日本橋の(株)国分商店(現国分株式会社)に勤務。 末端小売業の実態を把握経験していた事から、卸売業にあっても効率よく勤務実態を上げることができた。
支店次長等を経由して22年間勤務した国分株式会社を昭和48年に退社。その後、(株)東京マーケティングを設立して後述の通り酒類食品業界各企業の経営戦略とマーケティングの分野でコンサルティングサービスに貢献。 この間、日本商工会議所小売商検定試験委員・全国食糧信用協会信用害査委員・(社)日本経営士会生会員等、多くの公職を歴任した。
著書・編著書は、「問屋のゆくえ」他7冊。他に月刊誌では、(株)商業界・ダイヤモンド社、業界誌では、日本食糧新聞・日本流通新聞等、10社前後に随時投稿。昭和48年会社設立以来、平成12年の退職まで27年間、株式会社東京マーケティングの社長として実務に精励。その後個人として依頼の続いた業界各紙の要望に応じ、随時経営戦略・マーケティングの分野でコンサルティングサービスを行ってきた。

連絡先
宮川経営研究室
〒247-0051 神奈川県鎌倉市岩瀬1-1-3 岩瀬ハイツ311
TEL:0467-45-6623 FAX:0467-45-6623

専門分野
酒類加工食品全域の、生産者・問屋・小売業の販売流通戦略へのコンサルティングサービス

ギャランティー
【講演・セミナー】50,000円~100,000円/1回 (個人参加:10,000円~20,000円/1回)
【コンサルティング】大企業:50,000円~100,000円/1回 小規模店:30,000円~50,000円/1回

宮川東一へのセミナー・講演依頼、及びコンサルティング依頼は、お電話かFAXにて承っております。
実績
【2000年】(株)東京マーケティング在任最終年実績
  • 清酒製造業戦略研究会(本社主催)
  • 専門店化研究会
  • 全国食糧信用協会
  • 商品開発研究会
  • 海錦山川(株)
  • (株)成城石井
  • (株)山田酒販
  • 山田商店
【2010年】
  • 中国歴史学訪日視察団向け講演(孫文) 3月
  • 外務省アジア局中国課向け講演(孫文) 4月
  • 小売酒販店三社鹿児島県西酒造者 見学指導 4月
  • (株)伍魚福 経営指導 4月
  • (株)商業界 月刊食品商業 投稿 5月
  • 川崎商工会議所 会員個別経営指導 5月~7月、10月~11月
  • (株)マーケティング研究協会監査 7月
  • 酒縁川島 経営指導 7月
  • 日本名門酒会向け経営指導 9月
  • (社)国際善隣教愛主催公演(孫文関係) 11月
【2011年】
  • 阪紀酒販(株)料飲開発用原稿投稿 1月
  • ギャガ(株) 試写会指導 1月
  • 酒販研究会(小売店) 研究指導 1月
  • (株)東機質研究会向け講演 2月
  • 亜東親善協会向け研修指導 2月
  • 日華親善協会 懇親会招待 2月、7月、8月
  • アイプランニング 投稿 3月
  • 南九州焼酎メーカー5社、酒販店4社による見学指導 3月
  • コンタツ(株)酒類試飲展示会招待 4月
  • 高井(株) 経営指導 4月
  • 日本名門酒会(岡永)試飲展示会招待 5月、9月
  • (株)太田商店試飲展示会招待 5月、9月
  • 台湾民視テレビ 来訪インタビュー 6月
  • 国際善隣協会主催ビール工場見学指導 6月
  • (株)マーケティング研究協会監査 7月
主な指導先
(株)マーケティング研究協会 監査役
主な著書
日本に遺された孫文の娘と孫 孫文の娘、冨美子の生涯と孫、宮川東一の半生。
販促デザイン酒販店 本書は41名のイラストレーターを動員して制作された酒販店向け販促デザインの企画書。販促実務用マニュアルとして重用された。発売から5年間で4回増刷。
最新・卸売業のマーケティング―非大量時代への戦略
卸売業のマーケティング―問屋・商社の経営戦略 2年後には再版増刷となった人気書籍。卸売業再生の道を提言。(株)東京マーケティングのコンサルテーションサービスが一段と再評価された。
問屋の活性化戦略 共同執筆:藤枝高士、江川朗、木村忠治、宮川東一
藤枝高士の遺稿を中心に、後輩3名が執筆。宮川は物流戦略と財務戦略を担当。
酒販店の勝ち残り戦略―業態分化への挑戦
酒販流通革命の時代―生き残るための戦略 酒DSの進出で小売酒販業界は価格自由化が進展、大混乱に陥る。酒販業者生き残りの新戦略を提言。併せて酒類の生産流通の各業界の行方と対応戦略を提示。本書により、(株)東京マーケティングは特に酒類業界から再生戦略展開のリーダーとして期待される立場になった。
食糧のゆくえ―二十一世紀への提言 日本の基礎食糧を始め、生鮮食品に及ぶ食品類を併せた21世紀への課題と対応戦略を提言。特に全国食糧信用協会の高い関心を獲得。同協会の信用害査委員に就任。
問屋のゆくえ―滅びゆく道と繁栄への道 スーパー等組織小売業の発展で、中間流通業としての問屋が危機に直面した事態への話題と対応策を解説。10刷以上、部数も1万部を遥かに超えるヒットとなる。それにより宮川のコンサルタントとしての地歩を一気に確立。生産者・卸売業者・小売業者に大いに歓迎された。
宮川東一へのセミナー・講演依頼、及びコンサルティング依頼は、お電話かFAXにて承っております。
PAGE TOP